公式ライン内で、 ブログに書かない内容や登録者限定コンテンツを配信しています。 現在、古着転売が学べる電子教材を無料プレゼント中!
プロフィール

元貧乏ダンサーから古着転売で月収50万に至った僕の自己紹介と、情報発信の理念

はじめまして。ともです。

 

 

この記事を書いている現在、30代。

古着転売で生計を立てています。

 

 

他にもSNSなどのメディアを使って

古着転売のノウハウや

僕の価値観などの情報発信を行っています。

 

 

まずは簡単に自己紹介をさせて頂きますね。

 

 

・古着転売での最高月収60万

・月の半分以上が空き時間

・自宅にいながらスマホ一台で稼ぐ

・開始半年以内に本業の収入を上回り独立

・ダンスのインストラクターをやっていたが、月収10万円代の日々を抜け出せず疲弊

・もともと好きだった「洋服」で、生計を立てている

・お金の心配をすることなく、やりたいこと挑戦できている

・毎日の時間を自分の好きなように使う事ができている

・思いつきでフラっと旅行に行ける

・古着転売をきっかけに、学び行動して成長することに味を占める

・好きなものは ダウンタウン、読書、奥さん。

・自分の成長のために、130万以上のお金を学びに投資している

・月収100万越えの起業家からビジネスを学び、自分のビジネスに応用している

 

 

これを見て

「なんか胡散臭い・・・」

「はい、詐欺決定~」

「そんな都合良い話無いでしょ・・・」

「私にはムリ!」

と思われる方も多いかと思います。

 

 

実際に古着転売始めたての頃の僕も

同じように思っていました。

 

 

しかし、古着転売を続けて

ビジネスの世界を知れば知るほど

上記のような状態は誰でも達成可能な事なんだ

とわかってきたんです。

 

 

僕も何の努力も無しに

ポンっと今の状態を手にいれた訳では

ありません。

 

 

今でこそ、

「お金」と「好き」をある程度両立できている僕ですが

20代の頃はお金も無ければ時間も無く、

目の前のことに情熱を持って取り組めず、

自分に自信も失く、毎日ツラい感情を持って生きていました。

 

 

今回は僕の自己紹介とともに、

どのような変化を遂げて今に至ったのかを

記事にしてみました。

 

 

「好きな事で食っていきたい!」と、ダンサーを目指す

 

 

18才。大学に入学。

大学のダンス部に入り

ストリートダンスを

本格的に習い始めました。

 

 

ストリートダンスとは、

日本のアーティストだと

EXILE や DA PUMP のようなダンスで有名な

黒人発祥のダンスを指します。

 

 

貧困層の黒人が

有り余った力を発散する為に

街(ストリート)で踊っていたのが

ストリートダンスです。

 

 

オシャレな服を着て

カッコい髪形して

型にハマらない自由な表現をしているダンサーが

当時の僕にはとても魅力的に見えました。

 

 

良くテレビで見るような

キラキラしたダンサーというよりは、

 

 

悪そうな黒人が

ダボダボな服を着て

クールに踊っているような、

いわゆる「アンダーグランド」

の雰囲気に魅力を感じました。

 

 

平和でごく一般的な環境で育った僕にとって

アングラダンサーは、

トガりにトガっていて

誰にも媚びずに好き勝手やって

成功しているように見えて

 

 

「THE 普通」な自分とのギャップから

強い憧れを抱くようになりました。

 

 

僕の大学は関東の田舎にありましたが

「もっと上手くなりたい」

「どうせなら東京で最先端の人から学びたい」

という思いから、

車で片道3時間かけて

都内まで定期的にレッスンを受けにいきました。

 

 

当時通っていたスタジオの先生方は

めちゃくちゃカッコ良く見えました。

 

 

堅苦しいスーツなんて着ていない

好きな服着てる

好きな髪形している

モテそう

ファンも多い

好きな事でお金を稼いでいる。

 

 

「こんな生き方があるんだ!」

と衝撃を受けました。

 

 

と同時に、

そんな自由な生き方に憧れるようになりました。

 

 

大学卒業後は

ダンスを仕事にする夢を諦めきれず上京し

バイトをしながらダンサーを目指しました。

 

 

めちゃくちゃ上手でも無ければ下手クソでもない「普通」な僕でしたが、

様々なイベントで踊って顔と名前を売るうちに、

徐々に「うちのスタジオでダンスを教えてくれない?」

とお誘いを頂けるようになり、

ダンスインストラクターとして

生活できるようにはなりました。

 

 

過去の夢であった

「好きな事を仕事にする」

を達成することはできたように思いました。

 

 

停滞を感じるも何もせず。甘々だった僕の考え

 

 

しかし、その後

次第に自分の生き方に疑問を感じるように

なっていきました。

 

 

そもそも

ダンサーとして大きな舞台での活躍を目指していたはずが、

現状は小さなダンススタジオの1講師。

 

 

テレビでパフォーマンスをしたり、

アーティストのバックダンスをやるといった、

「踊ること」を仕事にしている訳ではない。

 

 

誰にも媚びることなく

自分のスタイルにファンがつくような

クールなダンサー

を目指していたはずが、

 

 

スタジオ経営者や

イベント主催者

生徒の親御さんに媚びまくり

生徒に嫌われたくないから

機嫌を伺っちゃって

言いたいことすら言えない自分。

 

 

しかも、自分より若くて上手い人なんて無限に出てくる。

自分なんかどんどん埋もれていく。

その他大勢になっていく。。。

 

 

だからといって、負けないように

何か考えたり努力をしている訳でもない。

 

 

売れたくて売れたくて努力しまくってる人間でも

勝ち残るのが難しい世界。

 

 

それなのに、

もう若いと言えない年齢にも関わらず

フラフラと立ち位置が決まらず

なんの努力もしていない僕が勝てる訳が無い。

 

 

しまいには

「流行のダンスで媚び売って、金を稼いでいるダンサーなんてダサい」

なんて訳の分からないことを考えている始末。

 

 

完全にイタい奴になっていました。

アンダーグラウンド気取りをこじらせていました。

 

 

結局は自分の甘さや

覚悟の無さが招いている現状で、

自分以外の誰のせいでもないのですが、

当時はそれに気づくことができず。

 

 

ダンサーとして売れたいの?売れたくないの?

結局どうしたいの?

という部分が自分でもわからなくなっていました。

 

 

なんだか自分の人生にシックリきていなくて、

情熱を持って日々の仕事に取り組むこともできませんでした。

 

 

それなのに、ちゃんと考えることもなく

「なんとかなるっしょ!」と毎晩お酒に逃げ、

2~3年はダラダラと無駄に過ごし、

気づけば 30歳目前。

 

 

「本当にこのままでいいの?」

「今の人生に納得できているの?」

「矛盾に感じていることは無いの?」

と自分の本音と向き合う決意をし、

新たな生き方を模索するようになりました。

 

 

古着転売との出会い

 

 

今から会社員に戻ってやっていける自信も無いし、

時間、場所、人間関係に縛られずマイペースに働きたかったため

インターネットで

「個人 稼ぐ」

「インターネット 副業」

などと調べていた中で、

古着転売のことを知りました。

 

 

僕自身が古着を買ったり着たりしたことは無かったけど、

服はもともと好きだったし、

洋服屋でのバイト経験もありました。

 

 

古着転売の情報発信者が

ネット上でオススメしているようなブランドも

一通り知っていたので、

これなら俺でも出来るかも!」と思い、

まずは副業から始めることにしました。

 

 

Youtubeに落ちている情報を元に

仕事以外の時間は車でリサイクルショップを回り、

仕入れてきた古着をメルカリに出品していました。

 

 

服の知識はあると思っていたので、

「はいはい、ナイキでしょ~」

「売れる服は知ってるよ~」

と自信を持って仕入れていましたが、

結果は3か月間独学でやりまくって

合計の収支が、マイナス6万円

 

 

3か月間、時間と労力をフルに使って赤字。

 

 

感覚に頼って

「これ売れるっしょ!」

と仕入れをしていましたが、

まったく利益が出ず。。。

 

 

勿論当時はお金なんて全然無かったので

めちゃくちゃ焦っていました。笑

 

 

今になると売れなかった原因が分かるんですが、

当時はビジネスの基礎である

相手から逆算して、求められているものを仕入れる

という視点が抜けていました。

 

 

「これカッコいいじゃん!みんな買ってよ!何でみんなこの良さわからないの?」

という考えだと、ビジネスとして成り立ちません。

 

 

古着転売に限った話ではなく、

そのような考えで生きていたことが

僕が成功せず疲弊していった原因だったと、

今となっては思います。

 

 

「何で皆俺の良さがわからないの?」

というように、

上手くいかない現状を

他人のせいにしていても、

誰も助けてくれません。

 

 

センスや感覚で

ダンスはある程度上手くなれたので、

僕は、物事を「感覚」だけで

捉える癖がついてしまっていました。

 

 

もっと腰を落ち着けて、

しっかりと「理論」を学ぶべきでした

 

 

情報に投資し、適切な努力を重ね、現実が変わる

 

 

その後、

プライドや自己流を捨て

実際に古着転売で稼いでいる人の情報にお金を払い、

ビジネスを基礎から学び始めました。

 

 

一旦自分の考えは置いておいて

結果を出している人の言っていることを素直に実行し、

利益を出すことに成功。

 

 

学んで結果を出すことが楽しくなり

夢中になって取り組むことで

そこから3か月で月収20万を超え独立。

その後月収50万円を達成。

 

 

学びに払った金額はとっくにペイできました。

 

 

現在は古着転売を専業に、

金銭的自由と精神的自由を

感じて過ごすことができています。

 

 

昨年まではストレスから、

毎晩深夜1時くらいまでお酒を飲んで

翌日も常に体調不良。

飲み会や各種イベントにも嫌々参加し、

そこでも大量に飲む。

奥さんとの時間もとれずに自分優先。

 

 

というように生活が乱れまくっていましたが、

 

 

現在は毎晩の酒もやめ、

毎日20時くらいには自宅の湯舟にゆっくり浸かり、

23時過ぎには就寝。

翌朝スッキリ起きて奥さんを仕事に送り、

奥さんが帰ってくるまで

古着を出品したり、

ビジネスの勉強したり、

情報発信に挑戦したりと、

毎日エネルギーに満ちた生活を送ることが出来ています。

 

 

根本は酒好きなので

「久々に飲みにいきたいな~」ってなったら

本当に会いたい人にこちらから連絡をして、

飲みに行くなんてこともできています。

 

 

学べば学ぶほど、やればやるほど

結果が出るのが古着転売なので、

それほど金銭的な不安もなく、

前向きな気持ちで

日々を過ごすことができています。

 

 

ダメダメだった僕だからこそ、強く思うこと

 

 

ここまで

僕の経歴を書いてきました。

 

 

自分のやりたいことも分からず、

卑屈になり時間を無駄にしてきた僕でしたが、

そんな僕だからこそ

強く思うことがあります。

 

 

まずは、

自分の本音を大切にするべき

ということ。

 

 

「もっと稼ぎたい」

「自分に合った働き方をしたい」

「本当はやりたくない」

「現状に矛盾を感じている」

といった自分の感情を完全に無視し、

 

 

「現状で頑張ること」と「お酒」

に逃げていた頃の僕は

どんどん疲弊し、

うつ病寸前で、

人間関係も最悪でした。

 

 

「自分の感情ばっかり大事にするなんて、わがままでしょ!」

「自己中な考え方で、上手くいくわけない!」

と思われるかもしれませんが、

 

 

本当の意味で他人の役に立つには、

しっかり自分の感情と向き合うことが必須だと

僕は思っています。

 

 

自分のことを満たせていない人が

本当に他人を満たすことができるでしょうか

 

 

まずは

自分の本音をしっかり汲み取ってあげること。

 

 

例えば、

時間や場所に縛られたくない! →「インターネットを使った仕事してみようかな?」

人間関係面倒くさいー! →「個人で完結できる仕事は無いかな?」

お金沢山稼ぎたい! → 「稼げる業界を探してみようかな?」

 

 

というように、

自分が薄々思ってることを否定せず、

ひとつひとつ言葉にして、

それを実現できるように行動してみることにより、

その「理想」に近づくための手段が見えてきます。

 

 

理想的な環境での努力は

苦しいものにはならず、

情熱を持って自発的に

ガンガン取り組むことができます。

 

 

そしてもう1つは、

【正しい情報に投資し、適切な努力を継続するべき】

ということ。

 

 

赤字を出していた頃の僕のように、

達成したい未来があっても

「どのようにやるの?」

といったノウハウが分からないと

成果が出ません。

 

 

「何で売れないの?」

「仕入れ合ってるの?間違ってるの?」

「そもそも何を仕入れるの?」

「出品の際はどんな商品説明文を書けば良いの?」

「写真は適当じゃだめなの?」

 

 

というように、

分からないことが沢山ある。

 

 

というか、

そもそも何が分からないかも分からない状態なんですが、

全て自分で考えて答えを出していくには

時間がいくらあっても足りません

 

 

古着転売に限らず

ネット上に無料で落ちているような、

誰でもアクセスできるような情報で

我流で結果を出していくことは難しいと思います。

 

 

間違った努力を続けて時間だけ無駄にする

といった事態にも陥りかねます。

 

 

僕は、過去にダラダラと時間を無駄にしたこと

を後悔していて

同じような経験をするのはもうゴメンなので、

何かをやる時はその道のプロに聞くようにしています。

 

 

結果を出している人が発信している情報に投資をして、

直接サポートがついているものには

遠慮なく質問しまくりました。

 

 

そして

その道で稼ぐための正しい方法やマインドを

徹底的にインストールし、実行しました。

 

 

正しい方法をインストールしたら、

後は素直に行動するだけ。

 

 

行動して結果が出たら、

その努力はほぼ正解なので、

継続するだけ。

 

 

僕は早い方でも遅い方でも無いですが、

学びに払った金額は半年くらいで回収できて、

その後は毎月毎月プラスを産んでいるし、

今後もプラスを産み続けていきます。

 

 

 

 

 

 

過去の僕のように

・惰性で生きている現状に違和感を感じている人

・自由にできるお金や時間もなく、現状に疲弊している人

・好きなことを仕事にしたつもりが、何か違うと思っている人

・自分の人生ってこんなものなのかな・・・と憂鬱に感じている人

・自分に合った働き方で、ストレス無く生きたい人

の気持ちはめちゃくちゃ共感できます。

 

 

そしてそのような人が

現状を良い方向に変えていくことは

難しいことではなく、

誰でも可能だと思っています。

 

 

上記のような人が

現状を良い方向に変える為のヒント

になるように、

 

 

もっと言えば、

古着転売に挑戦して

まずはお金の問題を解決し、

それをキッカケに

思い通りの人生を取り戻していけるように

 

 

古着転売のノウハウや

ビジネスに関する情報を

ガンガン発信していきます。

 

 

自由を手にいれて

思い通りの人生を歩める人が

1人でも増えていけばと願っています。

 

 

古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

 

僕は30歳目前まで、お金も時間も自信も無く

疲弊した人生を歩んでいました。

 

 

古着転売に出会い、紆余曲折あるも開始半年で独立、

1年以内に月収50万を達成することができました。

 

 

現在は、

精神的にも、金銭的にもゆとりを感じながら

日々を前向きに生きることができています。

とものプロフィール

 

 

別に才能があった訳でも

特別恵まれた環境にいた訳でもありません。

 

 

失意のどん底にいた時に

古着転売というものを知り、

プライドを捨てて1から学び、実践したことで

人生を逆転することができました。

 

 

頑張っても頑張っても報われず

苦しい思いをしていた当時の僕。

 

 

その努力を適切な方向に向けることによって、

パッと人生が開ける体験をしました。

 

 

古着転売の正しい知識を学び

適切な努力をすることで、

 

僕のように短期間で経済的な自由を得ることは

誰だって可能です

 

 

今、お金を理由に苦しい思いをしている人も

お金の問題を解決することで

心が軽くなり、エネルギーに満ちた生活を取り戻せるはずです。

 

 

そして、そんな人が1人でも増えれば良いな

という思いから発信をしています。

 

 

今回は、経済的自由への一歩目を提供すべく

古着転売を学べる電子教材を作成しました。

 

 

初心者が絶対に身に付けておくべき基礎を、

僕が実際にやっている簡単な行動と結びつけて

解説しています。

 

 

僕がなぜ、人気ブランドでは無く

ノーブランドを重視した仕入れでも

月利50万を達成することができたのか?

 

といった、古着転売のプロの思考を覗ける

覗ける内容です。

 

 

実際に僕が行ってるリサーチ方法まで

赤裸々に語っています。

 

 

難しい言葉は使わず、

過去の自分に説明するかのよう記したので、

初心者でもわかりやすい内容になっています。

 

 

期間限定で今なら

僕の公式LINEに登録して下さった方に

無料でプレゼントしております。

 

 

登録も簡単に出来るので、

この機会に是非受け取ってみてくださいね!

ともの公式LINEに登録して、無料プレゼントを受け取る

 

 

公式ライン内では、

表ではあまり語らない古着転売の本質的な話や、

ライン内限定のコンテンツも配信しています

 

 

古着転売をキッカケに、

人生を好転させて行きたい人は

是非登録してみて下さい。

 

 

それでは最後まで読んで頂いて、

ありがとうございました!